週末ライダーたまにがんばる

平日はお仕事、土日はお休み。
平凡な週末ライダーが無理せず頑張ります。

【週末レース】伊吹山ヒルクライム参戦

★レース当日
5時半起床。
起床時体重:57kg(推定)
体脂肪:8%(推定)
さすがにホテルに体重計を持ち込めなかったので推定値です。
体脂肪は前日の値。体重はレース後におやつを食べてから温泉の脱衣所で入浴前に測った値57.5kgだったのでそこから推測です。
レースの時は恐らく57.5kg切ってるくらいかと思います。
レースに出始めてから最軽量に仕上がりました_(:3」∠)_


ささっと身支度を整え、軽量化を済ませ、朝食。
シリアルで800kcalくらい。
6時半にホテルを出発。

雨です(´・ω・`)この時はまだ出走するか悩んでました


7時に駐車場到着。
有料駐車場なので下がコンクリです。
雨も上がったのでローラーをセット
とまたもパラパラ(;´Д`)あー


7時50分
小雨にやられながらからアップ開始
ゆっくりと心拍170まで上げてゆっくりさげて30分。


トイレを済ませて招集場所へ。
カテゴリ別にスタート地点に移動していきます。
強まる雨(;´Д`)アップしてテンションが上がってしまっているのでスタート地点で最終判断をすることに
スタート地点までは割と荒れた歩道を集団で走ります。
緊張をほぐすためにいつもより大きく声掛けしつつ到着。
雨も止んだので出走を決意。しかし霧が濃い。
カフェイン入りのジェルで気合いを入れます。


下山用の荷物を預けてスタート列に並びます。
この時点ではカテゴリが混ざってしまっていて、今いるのがどの辺なのかわかりにくい。
僕のカテゴリは2組に分かれて出走で僕は一組目。
と、唐突にプラカード?的なものが掲げられてカテゴリごとに整列を促さられます。
僕が居たのは2組目の前半くらいの位置。
やばいやばいとすすすーっと前に前に。
1組目の3列目くらいに位置取り成功。


一斉スタートの着順ではなく純粋なタイムで競うヒルクライムレースの定石としては少し後ろ目からスタートして先頭集団に追いつき、マージンを稼いで展開するものですが、
それは秒差を争うような一部の人たちだけに言えることで、僕くらいのレベルでそれをやると序盤に脚を使いすぎて一気に垂れるか、先頭集団に追いつくことなく終わってしまうのが目に見えています(´・ω・`)普通に考えたらわかるんですが、先頭集団より速く走らないといけないわけですからよっぽど自信がないとできません


ということで今回の僕の作戦は
・まずはすぐに先頭集団に乗る(おそらく10~15人くらいの集団になると思われる)
・なるべくついていく
・千切れたらなるべく速いペースの集団についていく
を繰り返して徐々に徐々に順位を下げながらなるべくいい集団に乗り続ける
です(; ・`д・´)


そして号砲とともにレーススタート!
スタート位置から計測スタートラインまでに加速。
そして計測もスタート('ω')
僕の前から勢いよく二人の選手が飛び出して行きます。
まずはこれを逃さずについていきます。
緩勾配区間が1㎞弱続きます。
そこからぐっと勾配がきつくなります。
そろそろ先頭集団が形成されるはず
・・・はず・・・
は・・・( ゚д゚)ハッ!
だ、誰も来ない!
予想に反して先頭集団は僕を含めて3人。
え?俺今3位?('ω')なんて一瞬思うもこのペースは正直しんどい。
振り向くと後ろから数人の集団。
ここは潔く後退_(:3」∠)_後ろから来た数人の後ろに付きます
しかしこの集団はだんだんペースが落ちてきて少しゆるすぎる感じ
結局僕が牽く形に


途中でチャリダーの坂バカ女子部の方(名前を存じ上げない・・・)と帯同しているモトカメラの間を通過
(´-`).。oO{写りこめたかなぁ無理だろうなぁ
このあと坂バカ女子部の他の方も何人か抜きました

チャリダーとか知らないけど、たぶん全員抜いたぜ状態(´_ゝ`)


などと考えていたら、いつの間にか後ろがちぎれて一人に。
すると後ろから2人。いいペースなので乗っかります。
しかししんどい。。。


数分でじりじりと千切れて2人は霧の中へ。
(数十メートル離れると見えなくなるくらいの霧でした(;´Д`)今回はこれのおかげで追走しづらく、大きな集団ができなかったんじゃないかなと思います)
そして、ここから完全に一人旅に。
先行スタートした前にカテゴリの下位選手をパスしながら淡々と走ります。
一瞬霧が晴れて雲の上にでも出たかと錯覚しましたがおそらく風通しが良かっただけなんでしょうね
すぐにまた霧の中へ。
最後の最後にいったん置いていかれた選手の背中を捉えてじわじわと距離を詰めていきます
残り1㎞くらい。
前から落ちてきた選手が僕に張り付きます。
残り800m。
ここから温存してきた踏む筋肉(と思っている部位)を解禁でラストスパート!
ついてきた選手がちぎれるのを背中に感じながら意識は前を行く選手
しかし前の選手もダンシングでペースを上げて。。。
結局追いつけずにゴール(;´Д`)
1組目の着順だと4番手5番手くらい?_(:3」∠)_入賞はないなと確信しつつ自転車を降りて一息

ゴール地点は人だらけです(;´Д`)割と早い段階でこの感じです
この後2千人くらい増えます(笑)
そして今度は預けた荷物探し競争の始まりです
右のトラックから自分の荷物を探します。
運営によってみんな同じ袋に入れる指示が出ているため見た目は全部一緒
書いてあるゼッケン番号を確認するしかありません。
すごく時間かかりました(´・ω・`)次回は目印の工夫をしようと思います


と、あとはゴールしてくるお友達を待ち受け合流

続々とゴール。そして順次下山。まだまだ霧が濃いです。
仲間とタイムが何分だあーだこーだと談笑
で、下山。

さらに霧が濃くなったので慎重に下りました。


その後は表彰式会場でリザルトが貼り出されるのを寒さに震えながら待ち
そして、
距離:10.6㎞
標高差:685m(平均勾配6%)
タイム:34分13秒(Ave.18.7km/h)
順位:年代別11位/238人出走
当初の目標は35分で上位10%でしたが、両方目標達成でひとまず満足('ω')
しかし、トップ差3分21秒。入賞圏内まではおよそ1分半。
うーむって感じですね_(:3」∠)_カーボン乗ってたら・・・とはなりませんね
まだまだ(;´Д`)もうちょっと頑張ります。



そしてレース後。
始まる暴食タイム('ω')減量の反動を思う存分

おやつ!

温泉!

フルーツ牛乳!

牛まん!

あまいもの!

せんべい!

また牛!たぶん数か月ぶりに揚げ物食べました・・・

ビール!

餃子!

ラーメン!近江ホワイトってラーメンでした。
目に付いたもの全部食べました
この後コンビニでさらに甘いもの買いました。
満足です('ω')ちょっともたれました


え?ビール飲んじゃったら帰れないじゃないかって?
帰らないっす('ω')翌日お休み頂きました
ホテルでもう一泊です。
場所は長浜。
琵琶湖のほとりです。
自転車と琵琶湖。やることは一つですね(; ・`д・´)次回、やります!


ということで今回のレースレポート終了!
拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました(*´Д`)
次のレースが迫っている!体重落とさなきゃ!のひとポチをお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
カーボンねぇ・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。