週末ライダーたまにがんばる

平日はお仕事、土日はお休み。
平凡な週末ライダーが無理せず頑張ります。

【週末レース】高梁ヒルクライム②レース出走!

★大会当日
まずは、前日の試走の段階でこれはいいところまで行けるかも知れない(; ・`д・´)入賞あるで!
と思っていた自分を殴りつけてやりたい('ω')


前夜なぜか頭痛に襲われ、頭を抱えながらブログを更新
痛すぎて写真を貼ってお茶を濁しました(;´Д`)
そして寝坊の恐怖から2時間起きに( ゚д゚)ハッ!と起きるを繰り返し、
朝4時半 起床。
身支度を整え朝食。
レース開始は8時過ぎなので3時間前には済ませます。
5時10分 チェックアウト。
会場駐車場へ。

早く着きすぎたのか駐車場の開門待ち。すでに10数台が居ました。
無事に駐車。
タイヤの空気を入れて会場まで自走。2㎞くらい。

会場着!
山には霧が('ω')しかし気温は高め。
ここから開会式まで1時間程度あるので暇を持て余し、知り合いが来てからは駄弁って時間をつぶしました。


そして7時20分。パレードランスタート。
アップのために小さめの坂を重いギアでぐいんぐいん。
もちろん旗を振って声援を送ってくれる住民のみなさんに手を振り振り。


スタート地点到着。
今回は過去最高のエントリー数とのことで年代別クラスも190人近くが出走です。
これはスタートのポジション取りが重要になるなとすすすっと前に出て2列目端っこゲット。
タイムはネット計測のため実際の着順は関係ないのですが、先頭集団が一番早くて安定していますから、まずはここに入ること、そして頑張ってついていくことを目指します。


まずはチャンピオンクラスがスタート。
そのあと年代別若い順にスタートしていきます。


そしてロード男子Aクラス スタート!
目標は30分切りと年代別一桁順位!いざ!


100人ずつ二組に分かれてのスタートとなりました。
スタート直後からハイペース!
しかしこれは予想の範囲内('ω')落ち着いて先頭集団後方に付けます
速度は30㎞/h超。心拍は一気に180bpmを越えます(;´Д`)しんどい!
この集団にどこまで乗っていけるかが勝負です。
1㎞過ぎた辺りでオーバーペースだった人たちが脱落していきます。
3㎞地点一人の選手がチェーン落ちで失速。
先頭集団は私を最後尾に15人ほど?


そして5㎞地点。
千切れました(ノД`)・゜・。
緩斜面で先頭のペースが上がりしなに中切れが発生。
そこからブリッジをかけるために前の選手たちがさらに加速。
瞬間35㎞/h以上出てたかな?
ここでついて行けず。
というよりも無理してこの後一気に垂れるんじゃないかという不安でじわっと追いつこうなどと考えてしまい、結果追いつくことなくそのままずるずると集団が遠ざかりました(;´Д`)無理してでもついていかなきゃダメだった・・・


その後は一人旅。
前を行く先頭集団は10人以上。このままゴールしても目標の一桁順位には届かないということがよぎり心が折れかけます。
せめて誰か一緒に走れれば・・・
前に追いつくのは無理。
後ろは。。。
振り返るとそこに猛追する選手が一人!
3㎞地点でチェーン落ちで集団から遅れた選手です。
その選手はすぐに僕に追いつき「回しませんか?」と声をかけてくれました
(`・ω・´)「回しましょう!」
タッグ結成です(*´Д`)
短い周期でローテーションしながら進み、追い禁の下り区間が見えてきます。
「下り曳きます!」
「お願いします!」(*´Д`)この人頼もしい
見るからにスプリンター系の選手でしたが見た目通り下りが速い!安定してる!
気持ち的にはオーバードライブの高校選抜戦で沖田とサラが鷹田と寺尾さんを追うシーンを思い出し楽しくてしょうがなかった(*´Д`)
下り切るところで前を行く小集団の背中が見えます。
下りで頑張ってくれた彼に応えるために先頭を交代!ここから加速して一気に!


一気に!


・・・い、いっけない!(・´з`・)
どんどん遠ざかる背中(´・ω・`)脚ひっぱってもうた・・・
(ゴール後に俺も限界だったから(´_ゝ`)って言ってくれたけど・・・さーせん!(ノД`)・゜・。)


その後は先発したチャンピオンクラスの下位選手をパスしながらラスト3㎞!
勾配が上がったところで前に出ます。
ここまで共闘した御恩はありますが、これはレース。
スプリンターをちぎるならここ!っとペースを上げますが千切れない!
強い(´゚д゚`)この人つよいぃいいい!
結局最後の区間も先頭交替しながら進み。
ラスト500mからは横並び。
もうここまで来るとお互いに仲間意識というかなんかそういうつながりができてた気がします。
お互いに声を掛け合いながら踏ん張り。
ラスト300mの看板を見たところで「ラスト300!!!('Д')」柄にもなく声を張りました
「ラスト300ぅうう!!!」
彼も応えてくれます。
最後の力を振り絞りながらラスト100m!
「ああああああああああああ!!!!」
「うおおおおおおおおおおお!!!!」
と二人とも叫びながらゴールスプリント!

タイヤ半分及ばず(・´з`・)
でもこういう感覚がレースしてて一番楽しいです。
全く知らない人と必死こいて全力出し切って勝負する感じ?
いい大人がですよ_(:3」∠)_自転車レースの魅力だと思います。


ゴールラインを通過後。
ゴール後も駐車場までまだ登るんですw
よろよろと登りながら併走し「おつかれっした(;´Д`)すげー助かりましたぁ」と声をかけます
「お疲れ様です」と差し出される手
がしっ!!!
熱い戦いの後に熱い握手!(*´Д`)もうこれだけでなんか満足です。アニメみたい。


駐車場に到着するとそこには乗り気さん。
乗り気さんとは以前僕が主催したアワイチやはりちゅうのレースでご一緒したことがあります(有名ブロガーとの知り合い自慢(´_ゝ`))
同じクラスで走ってました。もちろん乗り気さんは先頭集団。
スタート前に声をかけられなかったのでここで少しお話を。
どうやら着順的には4位か5位とのことで悔しがってましたがタイムは見事に3位('ω')やっぱり化け物だなぁと思いながらブルべ完走おめでとうを伝えて、他クラスのチームメイトの到着を待ち合流。

豚汁とおいしいお水をいただきます(*´Д`)うまい
どちらもお代わり自由!

当然もう一杯(*´Д`)


お腹を満たした後は地元のダンスチームの子供たちのダンスを見てから下山。
下山もパレードランです。
市街地が近づくと再び市民のみなさんが旗を振ってお出迎え。
「おつかれさま!」「おかえり!」と声援を受けながらメイン会場までの道のりをのんびりと走ります。
僕も手を振ったり渾身のさわやかスマイルで応えました。


メイン会場に着いてからは完走証を受け取ってリザルトが貼りだされるのを待ちます。


結果は・・・
タイム:30分10秒(Ave.29.8km/h)
順位:年代別12位(出走184人)
ということであと少しというところで目標達成ならず(;´Д`)10秒て。。。
帰りの車の中で15分置きくらいに10秒くらいがんばれよ!!!!(ノД`)・゜・。と叫んだくらい心残りです
まぁ楽しめたのですべて良しとしましょう。
まだまだ自分の伸びしろを感じてるので来年こそは入賞目指して頑張ります(; ・`д・´)


で、この日のレース終了!
睡魔と戦いながら帰路につきました。


拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました(*´Д`)
クロモリなのに意外とやるじゃなぁい?のひとポチをお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ

ちなみに平均心拍は178bpmでした_(:3」∠)_レースが一番練習になる

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。