週末ライダーたまにがんばる

平日はお仕事、土日はお休み。
平凡な週末ライダーが無理せず頑張ります。

【週末レース】つくば8耐参戦③

★ここからはさらっと

いくつもりがだらだらと長いです(´・ω・`)


さて時刻は13:00

走者は2巡目のRくん

きっちり30分安定した走り。

この時点でクラス順位4位。

今年はエントリーチーム数が少ないために3位までが表彰です。(例年は6位まで)

なんとかして入賞圏内まで上げねば!

さぁ気合いを入れて2巡目出撃!


雨も止んで路面も乾き始めました。

しかし風が強い!

向かい風区間をいかに引かずにクリアするかがポイントかな?と思いながら走ります。


いまさらながらにコースレイアウト(一周約2km)

メインストレートがやや登り基調です。

図でいうところの左からやや上向き

最終コーナーからアジアコーナーくらいの向きに風が吹いていました。

なので、『第一コーナーを抜けてからヘ第一ヘアピンまで』

と『バックストレッチから最終コーナー』までが一番しんどいです。

しかしこの2か所の入り口はコーナー直後で中切れ続出(;´Д`)

集団が安定していないと何度もブリッジをかけないといけません。

2巡目はなんとかいい集団に乗れたおかげもあって

走行時間33分で10周回。Ave.37.7km/h

1巡目よりもスピードアップ(´_ゝ`)そしてクラス順位は3位に!!

俺やるやーん(*´ω`)状態で休憩に


しかしその後また順位は入れ替わりクラス4位のまま時間が消化されていきます。

3巡目。

このあたりからピット回数の調整をしていきます。

筑波8耐ではピットイン回数の下限が決まっています。

体への負担を考慮してのことだと思います。

そして夏の8耐は春・秋よりも1回多い16回のピットが必要です。

ということでここからは走行時間を適宜変えていきます。


3巡目の出撃は午後4時。

20分なら頑張れる!('ω')と言い聞かせて頑張ります。

30分走ろうと思うと10分くらいで時間なげー(;´・ω・)ってなるので実は20分ちょうどいいと思います。


この回もいい集団に乗れました。

集団の中には大学の後輩チームが!このガキどもこの子達が現在のクラス1位。

そして3位のチームもいるようです。

これ以上離されないためにも死ぬ気で付いていく!!

先頭交代に加わらないようにローテーションして後ろに降りてきた選手には

「つ、疲れてるよー(;´Д`)かよわいMTB市民だよー」とアピールして1台分のスペースをプレゼント(´・ω・`)ごめんなさい

しかしコーナーでの中切れなんかに対応してたらいつの間にか先頭に(*´Д`)な、なんでー

時間的にもこれが最終周回。

しょうがないMTBで漢一本引きしたらぁ(´゚д゚`)べらぼーめー

と最後の力を振り絞ってまるまる1周引きました。

だって下がったらちぎれそうだったし・・・

最終周回のAve.39.3km/h

ど、どうだごらー(;´Д`)とバックストレッチでピットインのために集団を抜けます。

真後ろに居たのは大学後輩

集団が僕の横を通り抜けます。

後輩「お疲れさまでした~('ω')ノ」

さ、さわやかに言いやがって・・・

自転車ばっかり乗ってないで勉強なさい・・・

その後ろの集団選手たちが

「ありがとうございましたっ!」「あざっす!」「あざーっす!」

と口々に・・・

ちくしょーなんかうれしいじゃねーか(*´Д`)一人前になった気分です。


この回全体ではAve.38.4km/h

この日のマイベストもこの回でAve.42.7km/h

どんだけあの集団速いんだよ(;´Д`)まぁ出し切れたし満足じゃ・・・


さぁ出走は残すところあと一回

もう疲れたなー(・ω・)などど思いながらクエン酸飲んで疲れが取れたと自分に言い聞かせながら待機。

アンカーはエースR君。

その前が僕。MTB小市民あつきい。

アンカーの前の選手にはアンカーよりも重大な役目があります。

それは、いかにピット閉鎖ぎりぎりにピットインするか!

レースは残り30分にピットが封鎖され、選手交代ができなくなります。

はやく戻りすぎればアンカーの負担が増え、遅れれば交代できずにそのままアンカーも続投となります。

ガーミンの時計がずれていないか確認!

あとは・・・・!なりゆき!自分のペースであと最後にあと一周行くか行かないかの選択をするのです!


そして時刻5時7分!最後に出撃!

ピットを出てすぐ、コース上に人が居ない(;´Д`)レース終わっちゃったの?ってくらい人が居ません!

ちょうど集団と集団の間に入ってしまったらしく一人旅が始まります。

前に集団を見つけてはそこを目標に追いつきますが、追いつけれる集団では遅すぎる。

中途半端な速度の集団に追いついては前に出てちぎって次へを繰り返します。

いつしか雨も降りだし、なかば心が折れかけたとき、左後ろから声をかけられます。

「さっき君んとこの人にお世話になったんだよ!」

集団を率いたその人はそう言いました。

こ、これは!俺について来いってことですね!!(*´Д`)かっこいい!

あ「あ、ありがとうございます!じゃあ後ろつきまーす(*´Д`)」

この集団とってもいいペース!

最後の力を振り絞ってついていきます。

ここはもう先頭ローテにも加わります(*´Д`)みんな疲れてるから

先頭に出るたびにさっきの人が

「はえーな!(MTBなのに)」「くっそほんとにはえーな!(MTBのくせに)」

と声をかけてくれます。

そして時刻は5時20分。

次でピットインすれば23~4分。

その次なら28分前後。

かなりぎりぎりになる。。。

けどこの集団に居れば行ける!

あと2周行く!と決断。

あと2周!あと2周!頑張れ俺!

また先頭ローテが回ってきて先頭で第二ヘアピンをぬけ・・・

後輪ちゅるんっ!!

車体がぐりんっ!!!

んんんああああああああああああ!!!しぬううううう!!

と思いながらなんとか持ち直しました(;´Д`)あぶねー

雨で再び濡れ始めた路面

先頭ゆえに下手にペースを落とせないと少し無理なペースでコーナーに入ったこと

そして少し劣化してたタイヤ。。。これが一番の原因な気がします(´・ω・`)整備。大事。

一気に減速した僕の横を集団が通ります。

そして通り抜けざまに「びっくりさせないでよねー!」っと先ほどの方。

「ごめんなさーい!(´;ω;`)びっくりしたー!」と集団の人らに謝り再び集団最後尾。

そして最終周回。落ち着いて走り切りピットイン!5時28分!

我ながら完璧な時間配分(´_ゝ`)

アンカーのR君を送り出します(来年はタイヤ交換しといてね・・・)


アンカーはスタート時と同様に各チームのエースが集まるため集団も大きく、ペースも上がります。




それでも先頭回すR君(*´Д`)さすがやで

ピット封鎖後はコースぎりぎりで観戦。声援を送ります。


そして。。。時刻は7時を過ぎファイナルラップへ!

そしてそして!先頭集団がゴールスプリントで入ってきます!!

まぁ正直エンデューロなので誰がトップか見ててもわかりませんが(*´ω`)

そしてゴール後はお決まり、感動のウィニングラン

サポートカー、サポートライダー(モトバイク)を先導にアンカーの選手たちがホームストレートをパレードラン!

荘厳な音楽。吹き上がる花火。長すぎる待ち時間。まさに感動のフィナーレ!(*´Д`)


エースとしてアンカーとして見事に走り切ったR君を迎え入れ健闘を称えます(*´ω`)


最終リザルトはクラス4位。入賞ならず。

表彰台。。。乗りたかったなぁ(´・ω・`)

とぼとぼとお片付けを始めます。

サーキットの方からは表彰式の呼び出しアナウンスが聞こえます。

クラス1位は大学の後輩チーム。お見事。みんな速かったもの。

車に荷物を積み込みながら「あいつら絶対単位足りてねぇよ」「脳筋だぜきっと」「勉強しろよな」などと愚痴っていたら、

「ん?なんか俺ら呼ばれてない?」

なんか呼ばれたー!(*´Д`)3位だって!!

どうやら2位だったチームがピット回数不足で章典外となった様子。

これがあるんだよ!8耐ってやつは!!!(´゚д゚`)

わーい(/・ω・)/っと片付けもそこそこに表彰台の前に集合!

3位なのにだれよりも早く着きましたw


そして表彰台!(*´Д`)普通に3位だった時よりも嬉しさ倍増でした

みんな笑ってるね(´_ゝ`)いいね


翌日。

レースの悪天候が嘘のように晴れましたとさ。。。(*´Д`)



長いこと書きましたがこれで8耐参戦レポート終了(;´Д`)

短くまとめる術を身につけなければ。。。


要点まとめて3行で書けや!

レースまでの移動とかいらないぞ!

3位。。。おめでとう(´ー`*)

って方はポチリとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。