週末ライダーたまにがんばる

平日はお仕事、土日はお休み。
平凡な週末ライダーが無理せず頑張ります。

【週末雑記】忘れたころにおニューのヘルメット!

日曜は雨。
土曜はどうにも調子が悪くて短距離で帰宅。
なので、週末ですが雑記です。


★小並感レビュー

ヘルメットを新調したので感想を。


発送メールを見て注文したのを思い出しました(;´Д`)

「商品の発送が完了しました」

身に覚えがなくって詐欺かと思った。


4月の終わりくらいに新しいヘルメットが欲しくなり、色々とネットを散策。

これ欲しい(*´Д`)ってなって注文するもメーカー欠品中で入荷のメドなし。

いろんな通販を見て回ってもどこも同じ状況。

入荷次第発送になってたのをすっかり忘れてました。


今まではOGKカブトのヘルメットしか使ったことなかったのですが、

今回は別のメーカーにしようと選びました。


rh+(`・ω・´)

血液型のrh+のように広くいろんな人にフィットする的なコンセプトのイタリア(たぶん)のメーカーです

そして買ったのは今年の新モデル

Z-Alpha (カラー:フォンダシオンコンタドール)

コンタドール財団のユースチームのカラーですね。

rh+のヘルメットの開発にもフォンダシオンコンタドールが協力しているようです。

私の好きなタイプの明るいブルーです。

ひだりがわ~

うしろ~

みぎがわ~


アシンメトリーで全体的につやなしマットです。

空力を考えてあるセミエアロ的なシルエット。

そして、

ベンチレーション・・・・開!!

ぱっかー(*´Д`)

正面のふた?カバー?が取れて一気ににベンチレーション(通気性)が向上します。

季節気候などシチュエーションに合わせて調整が効くのです。


初実走はオープン状態で走りました。

サイズ感は若干横幅が狭めですかね?(頭がでかいだけかも・・・)

走り出してすぐに感じるベンチレーションの恩恵

す、涼しい(*´Д`)

特に信号待ちなどからの走り出しで風が通って頭すーすーします(*´з`)


しかし問題がひとつ

このベンチレーションの高さ

通気孔の大きさ・多さ

これによって走っているといつの間にかアホ毛炸裂!!(; ・`д・´)

真波君でいうところのこれです

これがヘルメットの穴という穴から出てきます

あと額のところも大きく空いているのでおでこの日焼けも心配。

サイクルキャップと併用がいいかなと思います。

サイクルキャップはずいぶん昔のサイスポの付録のやつしかないので新しいのを買おうと思案中です。


新しいヘルメット 

かっこいいところがかっこよくてかっこいいなとおもいました。


★今週の体重など

体重:60.2kg

体脂肪:9.95%

BMI:20.6

最近食べ過ぎてる。。。

しばらく禁酒します(;´Д`)

【週末ライド】献身的アシスト?

★前回記事【週末ライド】落ちるなよ!絶対落ちるなよ! - 週末ライダーすごくたまに少しがんばるの続きです
序盤も序盤でボトルケージホルダーぽっきりいったために
行き場をなくしたボトルとボトルケージ

さぁ彼らをどう処理するか


・・・

こうで

こうです!('ω')
ケージはツールボトルに逆さに差し込み
ボトルは背中のポケットに。
ふっつぅ!(; ・`д・´)普通の対応!
背中ポッケがいかに便利かを再確認しました。
さぁここからはこのスタイルで行きます。
アクシデントですが、気分的にはプロレースの補給係ぽくて楽しい(*´Д`)

こういうイメージ(*´Д`)私は一本でしかも中身からっぽですが


道中は軽く向かい風。
初心者Kの体力を温存するために前を引き続けます。
背中にボトルで登りまで風よけ・・・
なんて献身的なアシスト(; ・`д・´)
この日の私へのチームオーダーはKの目標「登りで差し切る!」を達成するためにアシストに徹することに決定!
まぁ二人なので差し切られる役までやらないといけないんですが。。。


砥峰が近づくにつれてゆるやかに登り基調になります。
ペースは28㎞/hくらいなのでまぁ問題ない範囲。Kもしっかりついてきます。
と、ここで背中にぽつりと冷たいものが。。。
雨!?(;・∀・)空を見ると

どんより(;´Д`)気温も少し下がってきてる気が

これは来そうだなぁ

水車を見ながら休憩。そして天気予報チェック

予報では降水確率は依然20%以下。
そらはどんよりだけど大丈夫と判断し続行!


じわーっと勾配が上がってきたところで登り前の最後の休憩。
Kはまだ元気そう。
しかしこの先は彼にとって初めて経験する距離・獲得標高の登り。
先は長いし、頂上に近づくにつれて勾配が上がるから最初から無理しないようにと言い聞かせ、クライムオン!(; ・`д・´)
ここからは前を引くよりも自分のペースで走らせようと私は後ろに下がります。



登りはじめは5~6%程度の勾配。
結構いいペースで登り始めるK。
そして彼はつぶやきました。
「走ってわかったけど、どんなペースでも上まで持つ気がしない(-_-;)」
頂上まであと10㎞
あきらめるの早すぎるだろ(笑)


とりあえず無理なく行こうと励ましながら走ります。
長谷ダムの横を抜けると少し下っていよいよ本格的な登り区間に入ります。
下りだけ前にでてガイドします。
無理に速度を上げずに30㎞/hちょっとくらい、自重で下っていきます。
下りきったところで振り向いて声をかけます。
「さぁここから本格的なのb、、、」
Kがいない!('Д')


ちぎれるようなスピードではなかったし、勾配もカーブもゆるかったけど、、、
まさか落車?
基本的に心配性なので、こういう時はすぐに嫌な想像がよぎります。
1分だったか2分だったかしてKの姿が見えました。
あ「落車~?」
K「脚つったー!」
えー(;´Д`)下りでー?


聞くと下りに入る前の平坦部分でダンシングした瞬間にふくらはぎがつったそうな
落車じゃなくてよかった
広めの路肩に自転車を止めて足を伸ばすK
とりあえずクエン酸顆粒と電解質パウダーをプレゼント
これ飲むと脚つらないから!とおまじないを添えて


ストレッチを終えて再度頂上を目指します。


淡々と登ります。
少しでも気を紛らわせようと話しかけ続けますが徐々に返答がなくなっていきます。
相当疲れてるな(´・ω・`)そんなときはそうドリンクでも飲んで・・・


電解質パウダー入りのボトルに手を伸ばすK
それをニヤリと見守る私。。。
K「まっず!!なにこれ!!」
いい反応です( *´艸`)この日一番の元気な声が聞けました


そうですこの電解質パウダーは通常のスポーツドリンクのような甘味はゼロ
あるのは独特な塩味
ある人はこう言い表しました「まずい塩水」と

電解質パウダー 10g×10本
電解質パウダー 10g×10本
梅丹本舗
ヘルス&ビューティー
詳しくはアマゾンに寄せられた 阿鼻叫喚 レビューを見て下さい。



その後も飲むたびに「まずいまずい」と元気を取り戻すK。


しかし残り3㎞というところでよろよろと蛇行し始めます。
明らかに限界が近い。
しかし足を止めず懸命に漕ぎ続ける姿を涙ながらに見守ります。


そして残り2㎞。


私は言いました
「先行くわ🐧(笑)」


さすがに5㎞/hを切ろうかという速度では私のガーミンが計測ストップしてしまうので、しびれを切らして先行することに。
しかし今日の私は献身的アシスト。そして彼と頂上ゴールを争う展開を演じること。
そこでとるべき行動は一つ。
マスタング方式('◇')ゞ
登り切ったらまたKのところまで下ってきてまた登る。
という脚力差がある人同士が走るときにちょうどいいシステムです。
ほんとは最初からマスタングしようと思ってたんですが、初めての道。ゴールまで遠いとなれば心が折れちゃうだろうとラスト2㎞まで遠慮しておいたのです。


ここまでのんびり走ったぶん脚は十分に溜まっています。
しゃしゃっと登ってすぐに下ります。
Kはどこまで来ているか
残り1㎞付近で発見。
少し通り過ぎてからUターン。もう一回!と声をかけて再度頂上へ。
登り切って下り。
残り500mを切ったところでK発見。
「ラスト500だぞ!頂上ゴール差すんだろ!」と発破をかけながらちょっと通り過ぎてUターン
Kが最後の力を振り絞ってダンシングで加速!
そして失速。
ちょっとしかけが早すぎるなぁ('ω')
さーっと抜いてのこり100mくらいでゆるめて待つ。
Kが並ぶ。
今度こそ最後の力を振り絞ってスプリント!
ゆるやかーに加速(笑)
「残り30!」
「20!」
「10!」
そしてKが差し切r・・・
ところで自転車を突き出し逃げ切る私(*´ω`)僕に勝つのはまだ早いよ・・・



うーん広い!('ω')秋になると一面ススキでキレイです。

今はだだっ広い

登り切ったご褒美にお蕎麦。自然薯とろろもおいしいです。


頂上の気温は19度。下りは少し肌寒い。
この日の地上?の気温は28度近くでしたからかなりの温度差ですね。


帰りは風向きが変わってまた向かい風です。
こまめに休憩をとりながらKを引きます。
下り基調なので快速区間ですが、途中Kから「速すぎる!」と悲鳴が
そこからはゆるめて行きと同じくらいのペースで。

寺前駅でゆずジュースをいただく。さわやかでおいしい。店員さんがかわいい('ω')


ガーミンに空目してしまうゆるキャラ。


なんだかんだで帰宅。
走行距離:108km
Ave:24.0㎞
思ったより速かった。


【週末ライド】落ちるなよ!絶対落ちるなよ!

★土曜日同僚ライド

半数以上のメンバーの予定が合わなかったため中止にしようかと相談していたら

同僚Kがなぜかやる気満々

「最近体力ついた」「がっつり走りたい」「いやがっつり登りたい」「登りで最後に差し切りたい!」と強気のアピール

結果この日はKと二人旅に


目的地は砥峰高原。

映画等のロケ地であり近隣ではなかなかないがっつりポイント。

珍しく寝坊しなかったKと合流し出発。

なんとも不安な空模様。

予報では午前中の降水確率0%。午後からも20%以下くらい。

まぁ大丈夫だろうと走ります。


今日もサイコンが動かないK。

ずぼらな性格のためかそのままの状態で1か月以上乗り続けるという豪快さ。

終始私が引くためペースも私まかせ、しかもKは一体なんkm/h出ているのかわからない状態です。

それでも能天気に走れるのが彼の長所だとは思いますがね🐧


さて、この日の私はいつもと違います。

それは、前回の記事↓

週末ライダーにあるまじき行為 - 週末ライダーすごくたまに少しがんばる

(なぜだかアクセス数が伸びてました(;'∀')駄文による皆さんのお目汚し失礼しました。)

でポチったガーミンのマウントとキャットアイのライトを装備しているのです!(*´Д`)

水曜にぽちって木曜に届くという利便性。

あまりに早いのでアマゾンは隣の部屋に住んでるんではないかと疑っています(; ・`д・´)


取り付けはこんな感じ

んー( *´艸`)スマート

取り付けは簡単っ♪といいたいところですが、結構苦戦しました(;'∀')

このマウント。ハンドルバーをクランプで挟んでビスで締め付け固定する構造は純正マウントと同じです。

しかし違うのはそのビス。

短い!( ゚Д゚)絶妙に短い!

純正のビスの半分くらいの長さです。

ハンドルによるのかも知れませんが、私のハンドルのクランプ径は26㎜。割と細めのはずなのですが、普通にビスを差し込んでも届きません。

必死にマウントのクランプを押し狭めてやっとぎりぎり届く感じです。

指先にマウントの痕がくっきり。。。女性なんかだとたぶん一人じゃできないんじゃ?と思ってしまいます(;´・ω・)

そんな死闘(?)を金曜の夜に繰り広げた結果得たこのスマートさです。


この日は日暮れ前には帰宅予定でしたが、ライトの振動試験のために装備して走ります。

ライトはマウントに結構しっかり固定されているのですが、やはり最初は不安です。

「落ちるなよぉ~(;´∀`)絶対落ちるなよぉ~」と念じつつ、信号待ちでちょこちょこ触ってみたりしてしまいます。


「うんうんしっかり固定されてるな。これなら心配いらない」と思った矢先。

悲劇は起きました。


ばきっ!

ぼとっ!


・・・・!?( ゚Д゚)

なんか落ちた!


ら、ライトはついてる。

じゃあなにが?と振り返ると道路に横たわるボトルが一本。


そしてサドル下から消えているボトル とボトルケージ。


ええええええええええええ(;´Д`)そっちがおちるのおおおおお


幸いボトル(ケージ付き)は私の後輪にバウンドして落下したために真後ろには落ちませんでした。

そのため、後ろを走るKがボトルを踏むことも、よけてバランスを崩すこともありませんでした。


この状態で落ちました。

キャメルバックさん(ボトルケージ・お守りセット)です。


サドル下のボトルケージホルダーがぽっきり(゚Д゚;)


使い始めてから1か月程度。

耐久性なさすぎだろ!('ω')とお思いの方もいるかもしれませんので、以下私の考察を。

たぶんサドルレールとの相性の問題です。

私のサドルはセライタリア フライト。

SELLE ITALIA(セライタリア) FLITE 1990 Ti BLK
SELLE ITALIA(セライタリア) FLITE 1990 Ti BLK
SELLE ITALIA(セライタリア)
スポーツ&アウトドア

写真を見てわかるかどうかですが、レールの後ろの部分が結構鋭角に角度がついています。

これにホルダーを取り付けるとボトルがかなり横を向きます。

そこにボトルの重みと走行の振動でぐわんぐわん揺れます。

そして、疲労破壊に至った。と

もっと鈍角なレールなら問題ないはずです。

これから夏ですからボトルケージ増設を考えている人も多いかと思います。

レールの角度が重要です!ご参考までに!(当たり前のことなのかも?(;´・ω・)


というところで今日はここまで。

まだ砥峰についていませんので続きます。

さぁこれから長い道中このボトルとボトルケージをどうするのか!?



MINOURA(ミノウラ) SBH-80 ボトルケージ ホルダー
MINOURA(ミノウラ) SBH-80 ボトルケージ ホルダー
MINOURA(ミノウラ)
2012-03-09
スポーツ&アウトドア

ミノウラ悪くない。

ミノウラいい子。